Rees Thomas

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは

Information | Cannabis Oil Japan Information CBD Oil Japan 情報 / Information Information CBD Oil Japan CBDオイル カンナビスオイルジャパンは、厚生労働省より認可を得た高品質のCBDオイル(カンナビジオール)を日本にて販売しており,本製品は米国内で日本の法律に従って栽培・加工されています。当社のCBD製品は、THC(向精神活性成分=違法成分)を含んでおらず、 エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは 薬やハーブが効果をもつのは、それらの成分が生体に元々存在する生体内物質であるか、その類似物質であることが理由です。人の体内にも麻と同様に「カンナビノイド」が元々存在します。「アナンダミド」「2-AG」という内因性カンナビノイドがこれまで発見され、全身に分布する受容体と結合して、細胞同士の連携とバランスを調整することで、痛み、食欲、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などをコントロールしていることが近年の研究で明らかになってきました。受容体については神経細胞で多いCB1、免疫細胞で多いCB2などのサブタイプが知られています。 このようなカンナビノイドを介した全身調整の仕組みはエンド・カンナビノイド・システムと呼ばれています。ところが外部からの強いストレスや加齢などによって、このシステムの働きが低下してしまい、様々な疾患や不調が生じることが近年の研究でわかってきました。つまり多くの病態で「カンナビノイド欠乏症」であるわけです。 製薬会社もカンナビノイド医薬品の開発を多く手がけており、多発性硬化症のような神経難病に対してだけでなく、てんかん、癌性疼痛、糖尿病、潰瘍性大腸炎、統合失調症などのより一般的な疾患についても治験が進んでいます。 不眠症、痛み、ストレスなどの様々な症状の緩和に有効であることが知られています。 https://www.cannabisoiljapan.com/shop